ヒマワリのスカート

好きなことのスケッチブックです。気の向くままに書いています。よかったら覗いていってね♡

ビクトリア島の涙

 

カナダの1人旅ではユースホステルに宿泊することにしました。
スーツケースを引きずり、1人でバンクーバーの町をウロウロ。
道ばたにある地図を見ていたら車椅子に乗った小さなおばぁちゃんから、「Can I help you?」と声をかけられる。ユースホステルへの道を聞き、お礼を言って別れて歩き出した。お礼を形で示しておこうと思いついて、おばぁちゃんの所に戻って飴を1つプレゼントした。乾燥する飛行機のなかで喉を労わるために買った龍角散。これが抹茶味、せめてイチゴ味だったら良かったのに思いながら。

辿り着いたユースホステルの窓口には、ゴキゲンな若い女性。金髪をおかっぱにしたその女性は、流れる音楽にあわせて踊りながら歌うように受付作業をしていた。その自由さに面食らいながらも、愉快な気持ちになる。
会社の年末年始のおやすみを利用して旅に出たので、ちょうどクリスマスの後だった。「Did you enjoy?」クリスマスは楽しんだ?と聞かれ友だちと居酒屋で過ごしたので「Drink and drink and drink with friends 」と答えた。笑って私もよと返ってきたのでたぶん通じたと思う。カードキーをもらって、日本製ではない信頼性に欠ける見た目のエレベーターに乗り込み3階へ。
女性専用のドミトリーを予約していて、日本のユースホステルと変わらない二段ベットとロッカーと、洗面台がある部屋を確認する。
部屋のなかには既に人がいて、その人がキニーネさん。何度聞いても名前が覚えられなくて、もうクイーネだったか、キニーヌだったか分からなくなってしまった。どれも違う可能性も高い。キニーネさんと呼ぶことにする。
キニーネさんはたぶん60歳代。白髪が混じった手入れをしばらくしていない感じの風貌で、ずっと乾いた咳をしていた。
私は初めての海外1人旅で警戒心をマックスにしていて、「変な病気をもらったらどうしよう、受付に戻って部屋を変えてもらおうかしら。でも何と英語で伝えばいい?」なんて思っていた。
このキニーネさんが、カナダ1人旅をふりかえる時に真っ先に出てくる人になるとは思わなかった。
後から知ることになるんだけれど、キニーネさんはサンフランシスコ出身で、写真家として生計を立てていて、家が見つからず半年間ずっとユースホステルに住んでいるらしかった。
そして何といってもオシャベリだった。
今まで相部屋になった人の詳細を聞いたり、昔に訪れた日本の着物や桜やトイレの話をしたり、今日どこに家を探しに言ったのか、〇〇エリアは土地代が高いとか。
カタコトの英語しか話さない私に向かって、懲りずに理解するまで話しかけてくれた。
初めは新鮮だったけど、だんだん慣れて来て、時差ボケで眠い私は適当を打つ程度には打ち解けていた。「うん」としか返事をしなくてもキニーネさんはずっと喋っていた。時差ボケのことを「Jet lag」と言うこともキニーネさんから教わった。
キニーネさんは大体部屋にいて、私は暗くなる前にユースホステルに帰ってくるので多くの時間をキニーネさんと過ごした。朝出かけるときは、「See you later、Have a nice day」と送り出してくれて、帰ったら一日の報告をする。私は日本からカナダの美容室を予約していて、バッサリと髪を切ったのだけど、その髪型を絶賛してくれた。その美容室は相場よりも大分高いことを教えてもらった。
私はソルトスプリング島に行くかビクトリア島に行くか悩んでいて、キニーネさんは相談に乗ってくれた。今回は時間の制約もあってビクトリア島に行くことにした。キニーネさんはバスに乗った方がいい、とか、自転車を借りても面白いとか教えてくれて、その日も送り出してもらった。
ビクトリア島はバンクーバーから少し離れた小さな島で、見たことのない青い色をした海と、小さな色鮮やかな家、イギリスよりもイギリスらしいと言われる庭園が美しい。
暴力的な時差ボケで喫茶店で寝て過ごした時間の方がトータルすると長いのだけど、満足してホテルに帰り着いた。
キニーネさんは待ち構えるように出迎えてくれて、ビクトリア島はどうだった?と尋ねた。海が美しかった、Beautiful, very blue と自分の英語の語彙力のなさを悔やみながらも伝えた。
キニーネさんは「ビクトリア島は不思議な場所なのよ、とても神聖な
場所。私も友達もビクトリア島の海を見た時、自然と涙がでた」と話し出した。私はとても驚いた。なぜなら私も海と垂直に伸びる道を歩いて海まで着いたとき、勝手に涙があふれ出したから。別に悲しい訳でも、逆に嬉しい訳でもなくて、感情は動いていなくて、ただ、普段の場所からあまりにも遠いところに来たことを思った。どんどん泣きながら、大きな歩幅で風を切るように歩いた。
「私も泣いたの」とキニーネさんに涙のジェスチャーをしながら伝えた。キニーネさんは全然驚かないで、「ビクトリア島はそういう所だから」と頷いていた。
海をみて泣いたこと、1人で風をきって歩いたことは、きっと誰にも言わないでいると思っていた。まさか英語で報告することになるなんて。
海を前にして、澄み渡った孤独と力強さを感じたことは、私にとって特別なことで。
キニーネさんとの思い出と折り重なって、たまに慈しむようにふりかえっている。

f:id:guuuuutara:20170707210238p:image

自分との約束を守る 「やっぱりやめた」をやめる

人との約束は、出来るだけ守ろうとします。
約束を守る人が信頼されると思うからです。

一方、頭の中を覗いてみると、どうでしょう。
沢山のしようと思ったことを反故にしています。

例えば、、、

「書店で英語のCDを買おう」と決めます。
「でも、、、」と後から思うのです。

「でも、中古の本を買ったほうが安いから、古本屋で買おう」
そうして、書店に来てから、英語の本を買うのをやめる。

振り返ってみると、いかに沢山の「やっぱりやめた」ことがあるでしょう。

決める時点で、後から「やっぱりやめた」と言うことが分かっていることさえ頻繁にあります。

心のどこかで「きっとしないだろうなぁ」と思いながら、後で英語の本を買おうと思っているのです。
先延ばしにする習慣は、この「やっぱりやめた」が原因ではないかと思いました。

 

f:id:guuuuutara:20170706203139p:image

そして、試しに3つのことを決めました。
・一度決めたことは、つべこべ言わずに実行する
・きっと後から「やっぱりやめた」と言いそうなことは、初めから決めない
・分からないことは「分からない」として認識しておく

 

 

今まで頭の中で出来なかった言い訳を繰り返していましたが、
「どうしたら出来るか」の脳内会議に変わってきました。

 

頭の中の容量が軽くなります。

 

思考と行動を出来るだけ一致させていけば、きっともっとラクで楽しい。
そこには、もっとノビノビと、力を発揮している自分がいるよ。







忘れていく

全部通り過ぎていく。

 

f:id:guuuuutara:20170705171335p:image

 

楽しかったことも

辛かったことも

笑い転げた愉快な話も

泣きながら過ごした夜も

ずっと大切にしようと思った子供のころの宝物も

 

忘れていく。

 

せめて後ろを振り返ったときに

暖かな色がついているように

 

思い出したい記憶だけ

何度も反芻する

色が移るように

 

心にコンパスをつくる。

近ごろ、自分の心の方角を気にするようになりました。

目指すイメージは、光・太陽・爽やかな一陣の風。

 

f:id:guuuuutara:20170702225427p:image

毎日の出来事で移ろう心に、戻ってくる方角をつくる。

  

時には磁力の強いものにあわせて方向を再度調整する。

 

人に影響を受けるときもあるけれど、

コンパスを作るのは自分。

 

自分だけの地図とコンパスをもって、世界を旅するようにいきる。

家カフェ計画⑥台所に貼ってはがせるタイルシールを貼る

家をカフェのように居心地のよい空間にしようシリーズ6回目です。

 

今回は、台所の壁に貼ってはがせるタイルシールを貼りました。

 


f:id:guuuuutara:20170618200318j:image

 

光が反射して歪んで見えますが、近くで見るとこんな感じです。

 
f:id:guuuuutara:20170618200525j:image

 

壁紙屋本舗さんで購入しました。壁紙の張替えを自分で!壁紙(クロス)の販売サイト壁紙屋本舗(スマホ用トップページ)

 

モザイクタイルシールの緑色です。

 

  • 貼り方について           1人だと大変でした!お友だちに手伝ってもらって何とか貼りました。空気が入ってしまうので何回も貼ったりはがしたりしました。口コミ通りでした。
  • 見た目について            口コミを見ると、「安っぽい」という意見が散見されました。少し不安に思いながら購入しました。出来たらカットサンプルを購入した方が無難です。私はカットサンプルを購入するのが億劫だったので思い切って購入してしまいました。ホームページの画像より色味は明るいです。「貼ってはがせる」事を優先したタイル模様のシールだとこれくらいのレベルかなぁ?と思います。ぱっと見の印象がだいぶ変わるので、私は非常に満足しています。 

 

 

 

朝の時間にゆとりを持つために時間割を決めよう。

もっと朝の時間に余裕を持たせたい!もうギリギリに出社するのはやめたいなぁ、と思いながら始業の2分前出社を続けて早数年。

 

ギリギリまで寝ていても、早く起きても、何故か出かける時間は変わらない。いつもギリギリ。ほっとお茶を飲んでから仕事に取りかかる余裕が欲しいよう。

 

漠然と、早起きするのは苦手だなぁと思っていたけれど、一つの仮説を立ててみた。

 

「朝起きてから出社まで行き当たりばったりに行動しているからではないか?」

 

毎日ほとんど同じことをしていえるのに、順番がバラバラなので時間が読めない。

気がついたらこんな時間!となる。

 

そして少しでも時間に余裕があったら、何かを詰め込んでしまう。

洗濯機を回し始めたり、お弁当を作り始めたり、ケータイを触ったりして結局時間がオーバーする。

 

一度細かく効率の良い朝の時間割を立ててみました。

 

ゴロゴロしながら日記を書く

窓を開ける

ラジオをつける

トイレに行く

手を洗う

歯を磨きながら、

頭に乗せる用のホットタオルと白湯を用意する。

口をゆすぐ

髪にワックスをつける

顔を洗う

化粧水をつける

掃除ロボットをセット

お化粧をする

窓をしめるながら、掃除ロボットの回収と充電

洗濯機の前で着替える

鞄の用意をする

ラジオを切る

ガスの元栓を確認する

出かける

 

(朝ご飯は会社で食べています)

 

この時間割を守ると、スムーズなリズムで朝が過ごせるようになってきました。

時間割以外のことがしたくなっても、とりあえず全部終わってからにしよう!と保留に出来ます。

 

ガチガチに決めるのもしんどいですが、流れるように朝の時間を過ごせるように続けてみようと思います。