読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒマワリのスカート

好きなことのスケッチブックです。気の向くままに書いています。よかったら覗いていってね♡

祭りの後の寂しさ。

小さな女の子が、「祭りの後は寂しくなるね」と言いました。

お父さんは、「祭りの後は寂しいもんなんだよ」と答えました。

 

浮かれて踊って緊張して、いっぱい笑ったお祭りの後は日常に帰る。

 

私は日常だった筈の静けさに滅入っている。1人でご飯を食べて、1人で寝るのがイヤだ。

 

誰かといれば1人で勝手気ままに行動したいと思うのに、1人は寂しいなんてわがままね。

 

寂しさをよくよく見てみると、

気になる人からのメールの返事がなくて、

私ひとりが取り残されるような気がして、

するべき宿題が出来ていなくて、

洗濯物は山となり、

体は疲れてご飯を食べれていない。

 

そんなことの積み重ねで漠然とした寂しさになっている。

昔のトラウマがフラッシュバックする。

 

ご飯を食べたらケロッと直ったりするのだけれど。

 

もう少し自分を大事に生きようと思ったのです。

自分を大事にするとは、しっかり寝て、ご飯を食べて、

きれいな環境に整えて、先回りして用意をする

みたいなこと。

何はともあれ笑顔でいるということ。

 

寂しくてたまらなくて、誰かにかまってもらいたかった昔。

 

帰り道に泣きながら歩いた昔の私。

今は、おなかの中に寂しさを飼い慣らしている。

それは、大人になったのか。慣れてしまったのか。

 

そんなことを考えている。

 

たくさん旅行中に頭を使って、心が動いて疲れたわ。

どこを切り取っても鮮烈な香気がたつ旅だった。

 

私は私にしかなれない。

それは諦めでもあるし、光でもある。

 

世界は思ったよりも光り輝いていて、カラフルで音楽に満ちている。  

怖がりな私は、すぐに引きこもってしまうけれど、それでも。

 

怖さをバネに外に飛び跳ねるのに嫌気がさしても。 

 

寂しさも怖さもずっとあるし、

光をめざし続ける。

 

今はただ、休めばいいよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江ノ電の江ノ島駅の小鳥ちゃんがオシャレ可愛い  

たまーに公園などで見る、小鳥ちゃん付きの柵。

 

その小鳥ちゃんが、江ノ島駅では服着てるんですよ!!!

 
f:id:guuuuutara:20170503052102j:image

可愛い。

帽子も服とお揃いのボーダー柄。

 
f:id:guuuuutara:20170503051913j:image

 

 

その2週間後、江ノ島駅を通り過ぎる電車の中からひよこちゃんを探したら、、

 

なんとピンク色のお洋服と帽子を身につけていました!!

お着替えしている!!

可愛い!

どんな人が服を作ったのかしら。

 キユーピーさんにもお洋服作っているに違いない。

 

 お洋服を着る前の小鳥ちゃんの写真を探したら、海辺のランナー、もぐらさんがコレクションされていました。

小鳥の柵、吹田中の島公園|海辺のランナー、もぐらのブログ

 

仕事をかみしめる

長年働いてきた中での仕事の極意は、噛みしめること。流れ作業にせずに、味わって仕事をすること。    by上司

 

仕事論はその人の生き方が現れるので面白い。

仕事をしているときも生きていて、時間は流れるからだ。

 

覚えておきたいので記録として書きました。

チャレンジする場所と安心する居場所

4月から職務内容が変わって、新規開拓をメインに仕事をしています。

 

今までの勝手に売れる既存店がなくなって、自分で行動しないと売上があがらない。

面白さが半分、気づかれが半分って感じ。

 

少し前までは、得意先のお客さん=元気の源で、自分の会社=怒られるしダメ出しされるし悪口ばかり言ってるし居心地が悪い

 

と思っていたのですが、近頃は自分の会社の居心地が良い。

冗談をいって、仕事の困ったことや良かったことをシェアして。

前は、それぞれソロプレーヤーで会話も最小限だったけど、今はワイワイしてる。

 

新規開拓で営業だとあしらわれてしょんぼり帰ってきても、社内に帰ってきたら、何となく元気になる。

 

安心して帰ってこれる場所があるから、頑張れるんだなぁと思います。

新しいことばかりだけど、まだまだ余力がある。

顔を見たらホッと安心して、また頑張ろうって思えるような人になりたい。

桜の樹の下には死体  

 

が埋まっていると言ったのは梶井基次郎で、

それを幼い私に伝えたのは、母。

 

幼い私はそれをそっくりそのまま信じた。

 

満開の桜の樹の一本一本の根本には死んだ人が埋められている。

毎年一斉に咲く花は、棺に入れられる弔いの花かもしれない。

そんな思いこみもあってか、桜の花は明るいだけじゃない怖さがある。

 

曇天の中に夢のように咲く桜を見て、美しさに理由をつけたくなる理由も分かると思った。

 

死んで桜の樹になれるとしたら。

 

梶井基次郎 桜の樹の下には

ネットで読めるけど、紙のページをめくりたい。 

評価しないという優しさ  

今通っているマッサージ(厳密にいうとオイルトリートメント)の先生に頂いたアドバイスを記録にしておこうと思います。

 

「元気になってもらいたい」「ラクにしてあげたい」等の自分の思いを捨てて、無になって相手と接することが一番良い。

所詮、他人に出来ることは殆どない。すべては本人の気づきと行動で人生は変わる。本人の中に答えはあり、出来ることは気づきを引き出すサポーターになること。

 

安心して悩み事を言えるのは、悩み事を言っても影響されない人。よいことも悪いことも、そのままを見せても評価を変えない人。

評価をしない人だと、安心して何でも話せる。

 

影響されない人になるには、元気な大きな木のようになること。

元気で楽しくいることが、相手にとっても一番のパワーになる。

とにかく余計なことは考えずに、元気で楽しくいること。

 

しんどい人と一緒にいるとつられてしんどくなったり

元気な人と一緒にいると更に元気になったりしやすい。

 

人と自分を分断する方法を覚えると良い。

気をもらいすぎないように、息をコントロールするスキルを身につけること。

 

とにかく、楽しく過ごせば良い。まわりも楽しい人が集まってくる性質だから、どんどんと元気に思うように過ごすこと。

 

 

人と会いすぎているし、ネットを見過ぎて情報過多。

最近人と会うことが多いです。長時間一緒にいて色んな話を色んな人としている。

仕事も引き継ぎのため、先輩と一日中同行でずっと喋っているし、友だちとも沢山あってずっと喋っているし。引き継ぎの挨拶をする得意先も多くて。

 

楽しくて笑うことも多いの。

 

ただ、色んな人と会いすぎて、心が動きすぎて、人から受ける影響が多すぎる。

元の私のカラーに、様々な色が混じって元の色に戻れていない落ち着かない感じがする。

 

情報を遮断した方が良いと知りながら、一人の時も落ち着かなくてインターネットでブログやまとめサイトを追いかけている。

 

情報過多で消化不良気味。

 

一人で鼻歌を歌いながら、ブログのことを考えたり、今日のご飯をこだわって作ったり、掃除を落ち着いてしたり。

 

そんな時間を最近作れてなかったなぁ。

 

とりあえず、今日はもうケイタイに触らずに過ごそう。

 

明日からまた気持ちよく過ごせますように。