ヒマワリのスカート

好きなことのスケッチブックです。気の向くままに書いています。よかったら覗いていってね♡

白い杖を持っている目の見えない人へ気軽に言葉かけする

昔、目の見えない人と話した時に


◯慣れた駅でも誤ってホームに転落し、死にかけたことが複数回あること
◯気軽に、「一緒に歩こうか?」と声をかけてもらえると、気軽で良いということ

の2つのことを教わりました。

 

なので小さい頃から、白い杖を持っている方をみかけると気軽に声をかけてきました。

 

久しぶりに電車で白い杖を持った方を誘導したので、誘導方法についてインターネットで調べてみました。

 

http://www.thka.jp/blind.html

 

詳しく説明されているので、こちらのホームページをご覧頂ければ正式な方法が分かります。

ここではカンタンに声をかけるポイントについて書いてみたいと思います。

上記のホームページから逸れてはいません。

 

①白い杖を持っている方がいれば、「途中までご一緒しましょうか?」と声をかける。
→困っているかどうかを、自分で判断せず、まず声をかけてみます。
必要なければ、「慣れた道なので大丈夫です」などと断ってくれます。

 

②声をかける前に触らない
→声をかける前に急に触ったりすると危ないしビックリします。これは徹底するようにします。

 

③誘導は指示に従う。
→ほとんどの方が、誘導に慣れているので、「肩に捕まってもいいですか?」などと、誘導の仕方を教えてくれます。なので、何も構える必要はありません。階段をのぼる、一旦停止するなど、今までと異なる行動を取る前には声をかけます。

 

④自分がどこに行くかを伝える。
ほとんどの方は、無理して誘導してもらわなくていいと思っているので、どこまで一緒か知りたがります。なので、「私は、◯◯まで行く途中ですよ」と目的地を伝えておきます。向こうから聞かれることも多いです。そこから会話もはじまります。

 

⑤電車で立ってるひとには、「空いてますけど座りますか?」と声をかける。
→席が空いているかわからないので、席まで誘導します。


とてもカンタンなことばかりですが、まとめてみました。

近くに人がいたのに、ホームからの転落事故や、交通事故が起こるなんてことがなくなればいいと思っています。

 

 

 

話からそれますが、目の不自由な人の眼差しは、しっかりと私に向けられます。姿の見えない私はどう映っているのかしらと、いつも思う。

方向音痴だけれど

行きたいところには辿り着くことができる。

 

方向感覚がなくて、自分にイライラすることもあるけれど。

 

位置関係もわからず、色々な場所に訪れてきた。  

 

道は覚えた方が、体と心が一致する感じがあってラクなのもわかってきた。

地図を読む練習は続けるけれど、

 

行きたい気持ちが一番大事。

 

スマホのアプリもない頃に、道行く人に、場所を聞いて何とかしていた無防備な自分を思い出した。

 

ずんずんと歩いていこう。

眠っていた食材を食べきろう

台所の片付けをしていた所、色々なものが出てきました。

慣れ親しんだ食べものでないと、存在を忘れてしまいます。

 

頂き物の特別なものも、ここぞの時に食べようと思って

しまいきったが最後、そのままになってしまっていました。

 

頂き物、

はじめて作る料理のために意気込んで買った調味料

長期保存ができるもの

 

ほど放置していました。

 

しばらく意識して食材を使い切ろうと思います。

 

*眠っていた食材リスト*
・車麩
・梅味噌
・春雨
・カレーのルウ
・お漬物
・インスタントのスープ
・紅茶
・コーンフレーク
コチュジャン味覇など中華系の調味料
ケチャップ

・冷凍したロールパン

・ジャム

 

あなたの台所には、存在を忘れ去られた食材は眠っていませんか?

「何となくしんどいスパイラル」から抜け出す方法

しんどい時に更にしんどくなる行動をしてしまう時がある。

 

ジャンクなものを食べたくなったり、
スマホでネットサーフィンをしてジャンクな情報を仕入れたり
お風呂に入らずに寝たり
ちょっとした片付けをサボったり。

 

しんどさのスパイラルに陥ってしまう時ってあるよね。

しんどさのスパイラルから抜け出すキッカケになることを振り返ってみよう。

 

(ちなみにこの文章は少し前に書いたもので、今はすこぶる元気です)

 

・マッサージ屋さんにいく。
私の場合、しんどさは体の強張りに顕著に出てしまうので、
体の強張りを取り除くと楽になる。
普段からセルフケアをするように心がけているけれど、しんどい時ほどサボりたくなる。マッサージ屋さんで受動的に強張りを取ってもらうとラクになる。

 

・友だちとアホな会話をする
共感能力の高い友だちと会うよりも、アホな会話しかしない友だちとアホな会話をするとケロッと元気になったりする。
芋煮会しよー」とメールを打ったらケロっと元気になった。

 

・泣く
泣いてスッキリすることもある。

 

・美味しいものを食べる
回復する。とくに手作りのものを食べるのが良い。

誰か一緒だと更に良い。

 

・好きな喫茶店に行く
大好きな喫茶店に行って、大好きなおかみさんとちょこっと話をすると回復する。

 

・弟にLINEのスタンプを送る

弟はマメにスタンプを返してくれるので良い。
スタンプだけで文字のないやり取りを続けることがある。

 

・自分のブログを読み返す
自分の書いた文章が、一番頼りになる。自分の書いた文章に何度も救われてきた。
昔に書いた記事は削除して、一冊の本に印刷して残したのですが、
何回も何回も読んで、ボロボロになってしまった。
誰かのありがたい言葉にすがるのはやめて、自分で自分へのメッセージを作れるようになれてよかったと思う。

 

・しんどい時にどうしたら良いか?を考える
しんどさから距離をとって、どうしたら良いかを考えてみるのも効果的。
ということで、この記事ができました。

 

しんどいときは、ゆっくりおやすみ。

 

 

 

 

たまTSUKIオフ会とブログの人に会うこと

先日、nicoのりさちゃんにお誘いいただき、たまにはTSUKIでも眺めましょ
というオーガニックバーで開催されたオフ会に参加してきました。


りさちゃん以外は初対面で、たくさんの素敵な人に出会わせていただきました。

 

りさちゃん
今日婚姻届けを提出された新婚ほやほやのハッピーオーラに満ちたりさちゃんは、ブログで出会った大切なお友だち。どんどんパワーアップしていくりさちゃん、このオフ会もりさちゃんの人を集める力によって開催されました

 

うみさん
一緒にA1理論さんの誕生日ケーキを買うために待ち合わせした、アーティスティックな方。鞄から取り出して、「よかったらどうぞ」と沢山のプレゼントをいただきました。同じ鞄から、現在製作中という刺繍の壁掛けアートを取り出して、最後の仕上げを始めるうみさん。よこで、うみさんにはどんな世界が見えているのだろうと見ていました。
芸術肌としっかり者のリアリストの両面を矛盾せずにもつバランスが魅力的でした。

 

ベルさん
小さくて可愛らしい方!同郷なので話しのノリも懐かしく、初対面だけど笑って会話しちゃいました。またゆっくり恋バナしたりしたいですね。

 

A1理論さん
噂で「ただのおっさn」と様々な方から聞いていた方。想像と全然違ったけれど
最早昔ボンヤリと抱いていたイメージは分からなくなってしまった。
嬉しさの感情表現が豊かで、なんでも受け入れてくれそうな懐の深さ。
改めて人気の理由を納得しました。
今後もし「A1理論さんってどんな人?」と誰かに聞かれたら、「ただの姫路のおっちゃんやで」と言います。

 

姫姉様
オフ会が進行するにつれて、だんだん姫姉様の口調に力がましてきて、「おぉ!これこそ姫姉様!」と横でカッコいいなと思っていました。ハギレの良さが良いですね。
優しくいろいろ質問してくださり、私のどんな質問にもフランクに答えてくださり
やさしい方だな、と思いました。

 

 

特に前からブログを知っていたA1理論さんと姫姉様。お会いしてからブログを改めて読むのって面白いですね。文章で伝わることと、お会いして伝わることと、両方あるなぁ、と思います。オフ会の楽しさですね。

楽しい時間はあっという間で、話し足りなかった。
またお会いできるときを楽しみにしています。

指先のはなし

手の爪のまわりのガサガサを何とかしたいと思っていました。

 

ハンドクリームを色々と試したのですが、イマイチ改善しないままでした。
化粧品店で相談したところ、ネイルケアオイルを勧めてもらいました。
化粧品店は、地元の60歳オーバーとおぼしき女性が経営している小さなお店です。そういうお店ってたまにあるよね。フラッと立ち寄ったお店。

 

インテグレードの600円程度のネイルケアオイルだけれど、その店長さんはオイルを手にとって私の指さきに塗ってくれた。
その店長さんの指のひらが、とても柔らかくてふわふわと暖かかった。そのふわふわは年を重ねたから得られるふわふわであって、手入れもキチンとされているのだろうと感じられた。
「私も毎日使っているのよ」とオススメされたけれど、きっと、どの商品に対してもそう言っているのだろうと思った。
(現に併せて買ったアイブロウブラシも毎日使っていると言っていたのでヤハリと思った)
でも、その店長さんのようなふわふわな指先になれるなら、ネイルケアオイルを買おうと思ったのです。

せっせとネイルケアオイルを塗り込んで、今までよりは指さきはキレイになった。

 

ふと指さきを見ていて、今までずっと心の何処かで「指さきはガサガサな方が良い」と思っていた自分を見つけた。

小さな頃の私は、手が細くてキレイだと褒められたことがあった。
特に祖母は私の手を褒めてくれた。
農家に嫁いで苦労した父方の祖母は、いつも自分の手と比較して私の手を褒めた。
横で母が、「この子は全然家事も手伝わないから荒れないんです」なんて言っていた気もする。
何となく、自分の荒れていない手が恥ずかしかった。

手にネイルケアオイルを染み込ませながら、そんな記憶が蘇った。

忘れた記憶の積み重ねで、私は出来ている。ふっと記憶が顔をのぞかせる。

働き者の祖母はとても握力が強くて、いつも帰る時に握手をするんだけれど
ぎゅっと握りしめれて手が痛い。

 

年を重ねた後に、どんな手になるのだろうと考えてみる。

優しく触る

優しくするってどういうこと?

 

考えれば考えるだけ分からなくなる。

 

優しく触るは分かりやすい。

 

「そっと手を離すのを惜しむかのように触りましょう」とマッサージの資格を取ったときに教わった。

 

人の体も自分の体も、身の回りのものも

薄くて透き通った美しいガラスを触るように扱いたい。

 

それが優しくするっていうこと。