読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒマワリのスカート

好きなことのスケッチブックです。気の向くままに書いています。よかったら覗いていってね♡

ネタバレ閲覧注意! 映画「ララランド」の感想。

映画ララランドを見てきました。

徒然なるままに書いた感想です。

 

宣伝の音楽から、「絶対におもしろいに違いない」と感じ、見に行ってきました。

 

オープニングから始まる、ハイテンションな歌とダンス。

良質なミュージカルが始まる予感。渋滞中の車から、人が出てきて踊り出す。常識を越えた展開にワクワクが止まらない。

主人公の女の子の、美貌とスタイルと踊りと演技の全てが揃っていることに驚愕した。

 

恋が始まる時の、2人の距離の詰め方の描写の仕方。

別れ際にお互いに振り向くけれど、タイミングがあわなくてそのまま別れてしまう感じ。

夕焼けのタップダンスの秀逸さ。

手をはじめて握る瞬間。

空まで登ってしまうような舞い上がりと幸福感。

 

夏になって、2人がイチャイチャし出した時から、

イヤな予感がしていたたまれなかった。2人は夢を追っていて、2人でイチャイチャしている場合ではないのでは??

2人の未来が予想できない、、と思う。

かけ外れたボタンはいくら頑張っても修復できないのか。

苦しくなる。

彼がライブの合間を塗って、2人の家に帰って来たときの、愛し合おうとしているのに、あぁ、終わるんだろうなーという感じ。

 

恋の天にも登る幸せと、恋の終わり。

どちらも知っていると思った。

ずっと、別れて欲しくないと思って画面を見つめていました。

 

あんなに、アップビートで始まった映画だから、現実を無視してハッピーエンドで終わって欲しい。

そう思っていたけれど、やっぱりなーという結末でしたね。

 

2人の最後の笑顔が良かった。

 

もし、あのとき、○○だったら。。。

 

と考えてしまうことはあるけれど、

時は流れていって、想像もしなかった未来がある。

 

夢の世界と実際の世界の重ね方がとても素敵な映画でした。

 

私の過去の恋愛のパンドラの箱が開いて、甘く苦しい気持ちになったけれど、ケロッと日常に戻ってしまう自分に強さを感じました。