読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒマワリのスカート

好きなことのスケッチブックです。気の向くままに書いています。よかったら覗いていってね♡

もし、自分が森友学園の園児の親だったら。

テレビに映るモザイクのかかった子どもたち。ありふれた運動会の選手宣誓とは似つかない言葉。

 

 運動会の宣誓は、学園運営の塚本幼稚園が2015年に開いた「秋の大運動会」を撮影した映像で判明。複数の園児たちが「大人は尖閣諸島竹島を守り、日本を悪者として扱う中国、韓国は心を改めて」「安保法制国会通過良かったです」などと声を合わせた上で、「安倍首相頑張れ」と2回声を上げていた。

 【森友学園問題】「尖閣」「竹島」「安保」に…幼稚園児が「安倍首相頑張れ」の選手宣誓 渦中の「森友学園」実体明らかに - 産経ニュース

 

 

驚いたのは、そこが閉鎖された教室ではなく、運動会での選手宣誓だったこと。たくさんの親がビデオカメラを抱えて、我が子を応援しに来ているのであろう。

 

安保法政について幼稚園児が理解出来るとは思わない。言わされているだけだろう。

しかし一方で、園児の親たちは。自分の我が子に強制的に中国・韓国への敵対心をあおるような刷り込みをすることに違和感を覚えないのだろうか。学園の教育方針に共感して入園させているのだろうか。

行き過ぎた行為であると感じた保護者は誰もいなかったのだろうか。

 

学園という右側の「当たり前」の中に身をおいて、「何だかおかしい」と思った時に、子どもの手をひいてやめさせることが出来るだろうか。テレビを見ながら、子どもの口を塞いでしまいたいという衝動があり、大勢の大人が見守る中で、実行されたことを怖く感じた。

 

安倍首相との癒着よりも、一歩道を謝れば戦争に繋がるような考え方が、小さな子どもに植え付けられていることが問題。教育とは様々な考え方を知り、自分はどの考え方を採用していくかを決めるための選択肢を出来るだけ多く提供するものではないのか。

 

みんなが良いと言うから良い。

みんながダメと言うからダメ。

 

そうやって、自分も影響されていないか。

みんなが良いって言っている中で、ノーと言えるか。

 

もし、自分が森友学園の園児の親だったら。